プロフィール(編集中)

プロフィール

山本憲明(やまもと のりあき)

H&Cビジネス株式会社 代表取締役

山本憲明税理士事務所 代表
税理士・中小企業診断士

 写真1

○出身

1970年5月21日 AM3:10 兵庫県西宮市生まれ
18歳まで、兵庫県西宮市(海側)育ち

○肩書き、資格

税理士
中小企業診断士
気象予報士
アマチュア無線技士4級
中小企業庁 経営革新等支援機関
日商簿記検定2級・3級
地方競馬馬主
少年野球指導者(資格あり)

○プロフィール

大学を卒業後、東証一部上場電機メーカーにおいて技術、
営業、経理の仕事を経験。仕事はそれほどできず。
1998年、一念発起して勉強を始め、まず気象予報士試験に合格。
そのあと簿記知識ゼロから税理士試験の勉強を開始。
4年間で合格し、2004年税理士に。2005年開業。

開業当初は必死で営業活動を行い、一年目でお客様が
40社ほどになり、人を雇って事務所を借りる。
多いときは6名事務所で仕事に来てもらっていた。

しかし、仕事ばかり増えて時間がなく、お金も残らない状況になり、
将来性なども考えて縮小方向に。
結果的に現在はスタッフ1名、顧客数はそれほど減らず
時間もできる状況に。

執筆にも力を入れ、
・「朝1時間勉強法」43,500部(+文庫化)
・「仕事が速い人と仕事が遅い人の習慣」140,000部(+ムック本)
・「社長は会社を大きくするな!」20,000部
などのヒットを飛ばす。

「ひとり経営」を標榜し、一人もしくは少人数での経営を研究、
それについての情報を発信しながら、少人数経営の
会社のサポートを行っている。

-----

西宮市西田町で育ち、和光幼稚園卒業。
1977年、大社小学校入学。学校の前の坂にお茶を流すことを覚える。
1978年7月、西宮市泉町に引っ越し、浜脇小学校に。

小学校時代にはザ・ベストテンと不二家歌謡ベストテンにハマる。
ザ・ベストテンは毎週得点を記録し、年間ベストテンを事前に把握。

他にやっていたのは少年野球。2年次には尼崎の、元阪神選手が
やっていたチームに体験に行くも、練習のきつさに断念。
3年で入った少年野球チームも、監督が怖すぎて退部。新しくできた
「夙川ファイターズ」に入部、何とか卒業までやり通す。
とにかく少年野球は水も飲めないし、つらい思いしかない。
毎日毎日、「練習早く終わらんかな」としか考えていなかった。

小6ですでに身長が170㎝を超えていたこともあり、なぜか
モテた(気がする)。小6のバレンタイン、チョコレートを10個以上
もらい、今思えばそこがモテ期の全盛期だった。

中森明菜さんが好きで、似ていた女子が好きになるも、
追いかけまわすなどして嫌われた。

1983年、浜脇中学校入学。部活動をバスケか野球で悩むが、
家のすぐ近くの香露園浜に、バスでセンバツ出場中の練習に
来た横浜商の選手たち(元中日三浦投手、高井選手、元ヤクルト
荒井選手を間近で見て憧れ、僕も甲子園を目指したいと
野球部入部を決意。

中学野球は割とゆるく、最高学年になるとバッティング練習で
勝手にホームラン競争をしたりした。それでも3年の春、
報徳学園を破って西宮市の大会に優勝。決勝戦では
6回にセンターですべてのアウト(フライトライナー)を処理。

野球引退後もとくに勉強はせず、友達と河原で喋ったり
麻雀したりの生活。高校受験の勉強は1か月くらい、
ささっとやった程度しか覚えていない。ただ、倍率が
1.06倍とかでほとんど合格するので、もちろん合格して
地元の県立高校(西宮今津)に入学。

当たり前のように野球部に入部するが、やはり高校の野球部は
生半可ではなかった。まだ入学式前の練習で1年生全員が
ビンタをされたりした。1年夏までの練習もほぼ走るだけ。
たまにバッティング練習をやらせてもらえるが、まったく打てず
左に転向させられる(実は中学まで左投げ右打ち)。
もちろん左でもまったく打てず。

1年夏に新チームとなり、2年生が少なかったためレギュラー
になれるチャンスがあったが、打てないため出られず。
一念発起して投手へのチャレンジを監督に懇願する。

希望通り投手をやらせてもらうも、コントロールが悪い
こともありなかなか結果を残せず。1つ上の先輩と
1つ下の後輩(プロも注目していた)がいい左投手で、
挟まれて登板の機会もなく、2年夏はブルペンで過ごした。

2年秋の大会に開眼し、ブロック決勝で完封。県大会
(160以上チームのなかで32チーム出場)出場を決める。
しかし初戦の相手は東洋大姫路。昔憧れた相手。
試合前の整列で「すごい」と思ってしまい、
いきなり連打で失点し、完敗。

そこからは走り込みを増やして制球力を上げ、夏までの
練習試合では甲子園出場チーム相手でも無失点の好投
など実力を積み重ねていく。

迎えた夏の初戦、手ごたえがあり今までにない緊張を
感じていた。4回まで0-0も、普段全く球をそらさない
捕手がそらした振り逃げから始まり、名手のセカンドも
満塁でホームに悪送球するなど一気に5失点。
そのまま0-6で敗れ、高校野球生活が終わる。
最後の試合直後にロッカールームで泣いたのが、
これまで人生一番の号泣。

高校野球に打ち込んだ2年半を終え、受験勉強に切り替える。
はじめは手探りだったが、目標を打ち立て、自分で計画を立てて
それを毎日着実にこなしていくという当たり前のやり方で進めた。

夏休み以降、学校がない日は友人と朝図書館に並び、
席を確保して夕方まで勉強する毎日。帰宅してからちょっと
昼寝をして食事をとり、また夜中まで勉強。
あまり時間もないので基礎からやらず、赤本(過去問)を
わからないながらも解いて、出来ないところに戻って
勉強するというやり方ですすめた。

元号が平成に変わってすぐの大学受験は、不安からか
6つの大学、11学部を受けたがすべて合格できた。
東京への憧れが強く、早稲田大学に進学することに。
受験期間中に中学時代の友人の家、いとこの家などにも
泊まらせてもらい、東京競馬場初体験などもした。

早稲田大学政経学部経済学科に入学。引っ越しと入学式
のために父母が来たが、入学式を終えて一人下宿に
帰ってきたときの何とも営内寂しさは今も忘れられず。
段ボールの切れ端に綴った、母の手紙を読み返すと
今でも涙が出る。

大学では語学クラスに付属高出身の人がたくさんいて、
標準語(当方関西弁)で仲良く話している輪の中に入れず、
自然と授業に足が遠のき、サークル(野球)活動にいそしむことに。
硬式野球部の練習を見学しに行ったが、レベルの高さに
ついて行けないと思い込み、入部せず。

野球サークルは割と本格的活動で、同好会チームの
大会ではほぼ毎年関東大会に出場し、神宮球場で
試合をすることも。1年次の準々決勝、神宮で完封
したことが印象に残る。2年以降は肩を痛めたり
調子を崩して投手としてはダメになるが、のちに野手
として再度神宮に出場。

平日行われる野球の試合に参加しては夜麻雀、
あるいはアルバイトという生活を続けていたため、
2年終了時に早々と留年(4年で卒業できない)が決まる。

学生の5年間は、野球・麻雀・競馬・バイトなどで
殆ど勉強もせず堕落したしかし楽しい生活を送り、
親にも学費や生活費で迷惑をかけた。ただ、
モラトリウムな5年間は価値があるにはあったと、
今振り返れば思われる。

1993年(5年生時)の就職戦線は、バブルも本格的に
弾け、留年したこともあって非常に苦しい戦いになった。
数百社にはがきを出し、50社以上に足を運んだと
思うが、なかなか内定に至らない。

企業研究とか自己分析とかはあまり必要ないと思って
いたため、「会社にいる”人”で選ばせてもらう。会社も
僕という”人”を見てほしい」と生意気なことを言ったのが、
今思えば苦しんだ理由かもしれないが、なぜか評価を
してくれる会社があり(そういう会社に入りたかったので
よかったのかも)、内定を初めにもらった横河電機株式会社
に行くことにした。

横河電機はとてもいい会社で、人に優しく、リストラによる
人材整理をすることもなく、女性の管理職も多かった。

新入社員1年目は5月まで研修メニュー(甲府での工場研修
1か月もあり)をこなした後、
新宿センタービル48階に営業研修名目で配属された。
いまだによくわからない(知識がないため)制御機器
を売る部署で、僕は展示会などに来た中小企業に
電話をして売り込みをするような仕事をさせてもらった。

しかし製品はまったく売れず。部長がいて、美人の秘書的
な人がいて、課長がいて、平社員が何人かいて、女性も
何人かいて、といった感じで、社会全体の縮図のようなもの
を見た気がする。

当時、1年先輩の仕事が出来そうな方に言われた一言。
僕「ああ、もう8時かあ(たまの残業をして疲れて)」
先輩「何言うてんねん。まだ8時やろ」
その先輩は今どうしているのだろうか…

9か月の営業研修の後、「スタートアップ(お客さんの
ところに製品を実際導入すること)研修」で、岐阜県の
中津川と三重の四日市、桑名などに。
あまりよく知らない先輩社員(無口な方)と同じ部屋に
宿泊した時の気まずさはいまだに印象深い。

入社2年目の1995年4月、本配属で「テスタ事業部」へ。
当時隆盛を誇った(今は流星に)半導体試験装置を開発、
営業するなどの部署。半導体は景気のサイクル(シリコン
サイクル)があり、行った時はかなり売れて業績も
相当よかったが、その後売れなくなっていった。

半導体試験装置はとにかく難しくて、営業でいきなり配属
になってもお客さんと話ができないので、まずはお客様
の半導体製造装置とつなげるためのソフトや回路をつくる
「アプリ」という部署で修業を積むことに。

BasicやC言語を学び、実際にはんだごてを持って回路を
組むなどの貴重な経験をさせてもらった。

この半導体テスタの部署は残業が半端なく、月100時間を
超えることも多く、「俺はめちゃ頑張ってる。充実してる」
と勘違いしながら夜遅くまで残業していた。
深夜に先輩社員と交わした言葉などはいまだに覚えていたりする。

1997年11月に結婚。

テスタアプリ部署での仕事は長引き、あっという間に
入社5年が経ってしまう。1998年2月に2週間、アメリカ
テキサス州サンアントニオに出張と貴重な経験をさせて
もらったが、やはり電気や技術的なことがあまり好きになれず、東南アジアに行ってほしいという事業部長のお願いも(野球ができなくなるという理由で)断ったりして、出世をあきらめる。

もう一度人生を考え直す機会を持ち、自己分析もした
結果、「何かの資格を取って独立しよう」という結論に。
まずは当時話題に上っていた「気象予報士」にチャレンジ。
毎日1時間と少しの勉強をし、2回目の受験で合格する。

 

これまでと大きく変わる、新しい時代の生き方を探る