何かをはじめるときには、長期間続ける意思を持つ。

経済成長は期待できませんが、僕たちはずっとずっと成長
していかなければならないと思います。

贅肉をつけて体を成長させ続けるのはまずいですが、
心や精神、知識とか知恵、体力などはずっと成長させ
続けていった方がいいはずです。

だから、現状に満足せず、新しく成長し続けるのです。

運動したり、体にいいものを摂取して、内面を鍛える
ことも必要ですし、本を読んだりして知恵とか知識を
蓄え、頭を使うことも本当に大切です。

そしてこれらは、サボろうと思えばいくらでもサボる
ことができます。

だからこそ、毎日毎日続けていくのはすごい事なのです。

今は新年ですが、新しい年を迎えて、今年は何かを
しようと思っている人は多いはずです。

しかし、新しい事を始めるとき、10年とか20年、ずっと
続けてやっていくという覚悟を持てるかどうかで、
その後の成果が大きく変わってくるはずです。

やはり最後には、しつこくしつこく続けることが、最大の
成果(成果は人それぞれです)を得ることになるでしょう。

一つ簡単な例を挙げるとすると、たとえば今年から日記を
つけるとするならば、「5年日記」などを買い、最低でも
5年間は手元に置いて書き続ける覚悟があるかどうか。

運動、ストレッチ、ランニング、トレーニングなどをはじめようと
している人は、それをずっと続けていくことが出来るかどうか、
自分に問うてから始めてみるのもいいのではないでしょうか。

それくらいの覚悟があるものでなければ始めないのです。

そして、本当に5年、10年、20年続けられれば
それはそれで振り返った時に、やり続けてよかった、
ということになるのでしょう。

まずは、続ける意思をもって、はじめてみましょう。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

これからやってくる「新時代」とは、 どんな時代なのか②-経済成長を捨てよう。

これからやってくる新時代について、どんな
時代になるのか。

今日は経済成長について、考えてみたい。

人口構成が大きく変わって、現在で言う
「生産年齢人口」が減る。

(実際、生産年齢が上がるはずなので、減少
度合いは小さくなるはずだが)

また、40代と言われる「多消費世代の人口」
も大きく減少する。

これによって消費が減少して、経済規模は
大きくならず、小さくなっていく可能性が
高い。

でも多くの人は、これまでの経済成長を
忘れられず、

「バブル崩壊以降、いいことがない。なんとか
経済を成長させて、また成長期を迎えたい」

と思っているだろう。

政治家や官僚も経済成長をまだまだ夢見ていて、
様々な施策を行うが、なかなかうまく行かない。

これまでの経済成長には「人口ボーナス」
が大きな貢献をしているのだから、人口が減る
(「人口オーナス」)となると、どうしても
経済がしぼんでいくのは仕方がない。

そこを無視して、これまでのように経済成長
しようと考えても、それは無理だろう。

それならば、考え方を転換して、経済成長が
ないことを前提として色々なことを考えて
いけばいいのに、と思う。

経済が成長しないのであれば、それに合わせて
自分も”成長”しないという考え方も
アリではないか。

子どもは成長しなければならないが、もう
成熟しきった大人が、これ以上成長する
必要はないかもしれない。

成長するとしたら、内面を磨き、精神を成長
させるのがいい。

外見とか贅肉とか、お金の面での成長はもう
必要ない、しないと考える人がもっと
増えてもいいはずだ。

人間的に内面を成長させて、その結果として
報酬を得られるようになるのであれば、それは
それでいいと思うが、

「不景気で、他はダメだけど、自分だけは
儲けていい思いをしよう」

と考えない方がいい。

経済成長、自分の外見(そとみ)の成長を
しないと決めたら、結構ラクになれる。

体に良くないストレスからも解放され、多く
睡眠をとることが出来るはずだ。

それにより、長く安定した生活を送れるように
なるはず。

(自分の)経済成長を捨て、なるべく人が密集
していないところに住み、お金を大して使わず、
穏やかに毎日を過ごす。

それと同時に、中身の充実を図る。

多くの人がこうすることで、豊かになれる。

際限のない欲求に身を任せ、「まだまだ欲しい」
「もっともっと」と思うことが、心の貧しさ
を生む。

「生きるためには、お金がかかる」ことは確か
だが、それには思い込みの一面もあり、
なるべくお金を使わずに生きることもできる。

自分の経済成長を捨て、淡々と、安穏と生きよう。

それが、経済成長がなくても幸福に生きて
いくためのカギとなるはずだ。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

これからやってくる「新時代」とは、 どんな時代なのか-日本の人口動態が大きく変わる。

これからやってくる「新時代」とは、
どんな時代なのか①

これからやってくる新時代について、どんな
時代になるのか、考えてみたい。

まず一つ挙げるとすると、日本の人口動態が
大きく変化して、年齢構成が変わっていく
ことが挙げられる。

これはどこでも言われていることなので、
もうみんな認識していることではあるが、
「気づいたときには変わっていた」ということ
にならないようにしたい。

簡単に言うと、新しく生まれる子どもがどんどん
減っていて、高齢に達する人が増えていくと
いうこと。

そして、医療の発達その他さまざまなことが
要因となり、平均寿命がどんどん上がっていく
ため、高齢の人の割合が増えていく。

さらに、「多消費世代」と呼ばれる40代の
絶対人口がどんどん減っていく。

そのため消費が増えなくなる。それによって
日本の経済が縮小していくことにつながる。

2016年版の「高齢社会白書」によると、2050年
(僕は70歳になる年)には、日本の人口は
9,708万人となって1億人を割り、
64歳以下の人口が約5,940万人に対して、
65歳以上の人口は約3,768万人となる。

(2015年は、64歳以下約9,319万人、
65歳以上約3,393万人)

高齢社会白書→ http://bit.ly/2iJEWzq

65歳で区切ることは、今後実態と合わなくなって
くる(65歳でもまだ若いから)だろうが、高齢者
が増え、若い人がどんどん減るという傾向は
しばらく続き、そのことによりいろいろな影響が
出てくる。

これらは常に言われていることで、認識して
いる人も多いだろう。

この人口動態の変化により問題となるのが、
社会保障と経済成長についてであって、
健康保険や年金などの再配分機能は上手く
いかなくなってくるだろうし、消費の増加が
見込めないことにより、経済成長が達成される
可能性も低くなってくるだろう。

1970年代までの高度成長期、その後の安定
成長期、バブル崩壊後のゼロ成長期と同じ
感覚でいると、すべてがうまく行かなくなる。

成長期には、みんなと同じことをして、努力を
すれば成長でき、いい思いをすることが出来た。

ゼロ成長(バブル崩壊後)は、みんなと同じ
ではうまく行かないこともあったが、努力が
報われることもあり、うまく行く人はうまく
いった。

でもこれからはマイナス成長期に入る。

マイナス成長期には、みんなと同じことをすれば
みんなと一緒に下がっていくし、努力をしても
報われないことの方が多くなるだろう。

社会保障も今のままの制度では間違いなく立ち
行かなくなる。

「新しい時代に入った」と認識して、覚悟して
いろいろなことを変えていかなければならない
だろう。

まずは自分が変わらなければならない。

マイナス成長期、つまり「下がっていく時代」
において、自分はどうすればいいか、何を
すればよいか、ということを常々考える
必要が出てくるはずだ。

その考えの一助になればいいかな、と思う。

そして自分自身も変えていかなければ、
変わって行かなければならない。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

新時代を考え、対応する生き方の提案

これから新しい時代に入っていく。

というか、今はその途中であり、ずっと前から
時代は変わろうとしているが、その変化の
スピードが急速になっていくだろう。

これから僕たちはその急速な変化に対応して
いかなければならない。

対応しないという選択肢もあるにはあるが、
結構苦労するだろうから、変化を見ながら
それに対応していった方がいいだろう。

ただ、対応するといっても、流れに身を任せる
とか、時代が変わった後に追随していくという
のではなく、時代の変化を見越して、なるべく
先に動くこと、あらかじめ変化を待ち受けるという
姿勢も大事になっていきそうだ。

貧困の問題とか健康問題とか、どうしても
受け身になってしまうことから生じている
一面もあるのではないだろうか。

たとえば貧困一つ取ってみても、自分の生活
を変えないで制度の不備のみを糾弾するとか、
そういった姿勢では、その問題を解決する
ことは難しい。

制度のことを知り、問題点を考え、制度をどう
していくのがいいのか、そして自分はどうすれば
いいのかということを考えていく方が
解決に近づくだろう。

しかし実際はそんな余裕がない人がほとんどで、
結果的に貧困に苦しむことになる。

どちらにしても、自分を変えていかないと、
これからどんどん押し寄せてくる新時代の波に
浚われてしまう可能性が高いだろう。

これを読んでくれる人に、

・これから来る新時代にどう対応していけば
 いいか

・新時代における時間やお金、仕事について
 どう考えていき、どう変えていけばいいか

と言ったことを、僭越ながらアドバイスできれば
いいかな、と思っている。

と同時に自分も考え、変えていきたい。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

何が当たるかわからないから出し続ける。

拙いと批判されようと、思い切って実行する
ことが大事です。

一番下に、Kindle本の案内を書いていますが、
「編集を通らないこのような書籍はダメだ」
と言われたことがあります。

確かにそうかもしれません。自分で勝手に
作って出しているのですから、拙いことは
確かです。

しかし、これが人の役に立つことだってあります。
読んでくれた人が少しはプラスの方向に行く
ことができるために出しているわけです。

また、万が一ヒットすることがあるかも
知れません。

それならそれで多くの人の役に立つ(はず)
ということです。

ピコ太郎さんも、PPAPは、「関ヶ原の合戦で
放った矢が多くの兵士をすり抜けてたまたま
大将に当たったくらいの確率、ということを
言っていました。

そして、このようなことはもうないだろうけど、
曲を沢山作って出していくということでした。

まさか流行るとは思っていなかったでしょうが、
PPAPを見ても、何が当たるのかよくわからない
時代になってきたということがわかります。

最低言えるのは、出さないと当たらないという
ことです。

僕の「仕事が速い人…」の本も、まさか
あれが売れるなんて思っていませんでした。

そういうこともあるので、いろんなものを書いて
出し続けていきたいと思います。

まあ、当たらなくてもいいのですが。

少しは人の役に立ったり、少しは社会をいい
方向に変えていけるものを…

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

グリーン車には乗りません。

僕は新幹線でグリーン車に乗らないようにしています。
あと、飛行機のプレミアムシートとかにも乗りません。

以前は、カッコつけて
「経営者はグリーン車じゃないと」とか、
「グリーン車に乗って自分を高める」とか、
「グリーン車で一流のサービスを体験する」とか、
訳のわからんことを言ってグリーン車に乗っていた
時期もありましたが、やめました。

お金を出してグリーン車に乗り、快適な空間を買い、
集中して思索したり仕事をしたりする。

そのような効果はあるかもしれませんが、それも
グリーン車じゃなくてもできますよ。

東海道新幹線で、エクスプレス予約をすればいいです。

ガラガラの席を選ぶことができます。

A席に座り、隣2席に誰も来なければ、相当快適
ですよ。

グリーン車でも混んでるときは隣にいたりしますし、
そうなると集中不可能です。

例えば東京から新大阪まで行くなら、まず中途半端
な時間ののぞみを見つけます(できれば前の列車と
の間隔が短いやつ)。

それで、16号車あたりから見ていきます。

ガラガラの号車の、周りがあまり予約されていない
A席を取ります。それでOKです。

まあ、新横浜で乗ってきたりしてしまうことも
たまにありますが、耳栓でも準備してればOKです。

あと先日わかったんですが、東北新幹線は自由席が
ガララーガ、いやガラガラですので、あえて指定席
とって窮屈な思いするよりは、自由席でOKです。
(時間によっては自由席が混んでることもあるかも
ですが)

飛行機のプレミアムシートは、そりゃ快適でしょうが、
乗ってる時間が短いし、前の方にあるのがネック
ではないでしょうか。

墜落した時、どう考えても後ろの方が助かる可能性
が高いでしょう。と思うのですが、どうですかね。

普通席でも、みんな前の方に座りたがるので、
後ろはアンドレス・ガララーガ、いやガラガラです。

前の方に乗ってる人は知らないと思うけど、後ろ
本当にガラガラで快適です。
(もちろん満席の時もあろうかと思いますが、
なるべく満席便に乗らないように工夫する)

前の方は先に降りられますが、そんなに変わらないって。
ホントに急いでいるなら降りてからごぼう抜き
できるし。

高いお金出差なくても、快適に思索したり仕事したり
リラックスしたりすることは可能なのです。

参考にしていただけたら嬉しいです。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

・著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

・馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

・仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

・悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順”>悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
http://goo.gl/qGLW8K

・「お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法」
 http://goo.gl/RLZ85o

ねばねば全廃。

○○せねばならない。

▲▲(人)と会わねばならない。

◇◇円、稼がねばならない。

ねば、ねば、ネバネバ…

「ねば」は、ねばーる君とかMIEさん(NEVER)、
中島卓也選手で充分。

ちなみに、中島選手(日本ハム)はすごくいい選手。
素晴らしい。

ねばねば考えてたら、ストレス溜まる。

体に悪いよ。

「ねば」を全廃したら、スッキリする。
ストレスたまらない。
よく寝られる。

さあ、今日から「ねば」を減らしていこう。

 

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

・著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

・馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

・仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

・悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順”>悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
http://goo.gl/qGLW8K

・「お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法」
 http://goo.gl/RLZ85o

時間がないのを解消するためにすべきこと。

「時間がなくて、ストレスが生まれる」

ストレスは健康の敵であり、なるべく発生
させないようにしなくてはならない。

だから時間の余裕を持たなくてはならない。

なのに、通常のビジネスパーソンは時間が
ない。どうすればいいか。

「やることを減らす」

これしかない。

多くのことをやって、その一つ一つの時間を
短縮することも大事だが、

それはその一つ一つのことを丁寧にやれない
可能性があり、よくない場合もある。

だから、まずは絶対的時間を確保するという
意味で、やることを減らす必要がある。

今の世の中、世間と繋がり、
人間関係を維持していくためには、
やらなければならないこと、
行かなければいけない場所、
使わなければいけない時間
などが多すぎる。

それを減らしていかなければ、何ともならない。

僕の場合、

仕事、野球(自分と息子と少年野球)、競馬、
馬主活動、テニス、読書、ネット閲覧

などの中からいくつかを減らしていく必要
がある。

ただ、全部好きなのでやめられない。

なので、一つ一つにかける時間が少なくなって
いき、ストレスに繋がるのだ。

思い切ってやることを減らすと、少し寂しい
し、人づきあいも減ってしまう。

しかし、そこは割り切らないと、残された
時間が減っていくばかりである。

何をやめるか、現時点では完全に決められて
いないが、

・今しかやれないことを、やる。

ということを念頭に置いて決める必要がある
と考えている。

死んだら元も子もないが、生きていれば、
20年後くらいにもできることはある。

上記では、テニスや競馬、馬主活動がそれに
あたる。

一旦それをやめて、10年後とか20年後に
再会するという形でもいいのではないだろうか。

いま、やれることを詰め込んでもいいが、
あえていまやらなくてもいいことを選んで
それをいったん休止していく。

そのような考え方も必要ではないだろうか。

 

  • ★★

    kindle本(電子書籍)発売中!

    ・著者から見た、出版のすべて
     http://amzn.to/2edKFMh

    ・馬主の教科書(入門編)
     http://amzn.to/2edKNvl

    ・仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
     http://goo.gl/iyF84A

    ・悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順”>悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
    http://goo.gl/qGLW8K

    ・「お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法」
     http://goo.gl/RLZ85o

「時間がない」を解消するには。

 

「時間がない」

これはなかなか解決できない問題だが、
自分次第で解決できそうでもある。

まずは自分が変わらなければならない。

そして、必要のないもの、今はやらなくても
いいものをやめ、今やった方がいい事を
選択していく必要がある。

例えば昨日も、時間のなさにストレスを
感じてしまった。

16時にあるお客さんのところに行かなくては
ならず、遅くとも15:30には出なくては
ならなかった。

昨日は朝から自宅で仕事(書いた書籍原稿の
直しなど)をしていて、事務所に着いたのが
13:30位。

前夜8時間寝たのに、昼食後読書していたら
無意識に昼寝してしまい、事務所到着が
遅れてしまった。

すぐに仕事(申告書の送信など)をすれば
よかったが、事務所の掃除やゴミを捨てる
作業などをした後、ちょっとネットを
見てダラダラしてしまったのがいけなかった。

まだ時間に余裕があると思っていたが、
パソコンの動作が結構遅くなってきており
(そろそろ買い替えの必要あり)、電子申告
が完了するまで、かなり待ちが多くて時間が
かかってしまった。

結局電子申告が終わって事務所を出られた
のが15:33。ギリギリ間に合いはしたが、
余裕はなかった。

時間に余裕がないときの移動は危険である。

特に自転車などは危ない。

いつも、移動するときは時間に余裕を持ち、
お客さんの会社の近くで本など読んで時間
潰しをし、訪問時刻丁度に行くのが
いいと思っている。

(個人的には、時間より早く行くのは失礼で、
遅刻する方がまだましだと思っているが、
そのあたりはまた改めて)

余裕がないと危険度も増す。危険度が増す
ということは、大げさだが命を落とす
可能性が少しでも増えるということ。

命は一つしかなく、後悔しても戻らない
ものなので、大事にしなければならない。

階段を駆け下りたりエスカレータで走ったり、
駆け込み乗車するなどは危険。

自転車で速度を上げるのも危険。
無理に横断するのとかも危険。

ということは、やはり余裕を持って行動する
ことが大事であると痛感した。

昨日の「時間がない」ストレスの原因は、
いくつか考えられるが、大きくは、自分の
気のゆるみ(ネット見るとか)とパソコン
(事務所のデスクトップ)の遅さだろう。

パソコンは中古品にでもいいからそろそろ
変えなければ。

もしくは、いま使っているノートパソコンで
全部できるようにしないとな、と思う。

そういった、パソコンを使用のために最適化
する作業なども面倒くさいと思ってしまい、
なかなかしない。

それがストレスや余裕のなさに繋がるので
あれば、本末転倒だ。

いろいろなことを、最適化する時間をとろう。

ということで、やはり時間の余裕はどう
考えても必要になる。

やることを減らすことが大事。

それについて引き続き考えていこう。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

・著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

・馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

・仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

・悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順”>悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
http://goo.gl/qGLW8K

・「お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法」
 http://goo.gl/RLZ85o

何を優先すべきなのか。まずは自分のやっていることを棚卸。

その時に起こった身の上話とか、自分に関係する
出来事や行動、考えたことなどを書いていこうと思う。

隠しても仕方がないのでさらけ出すつもり。

「時間がない」「時間がない」といつも心の中で
嘆いていて、実際に時間がすぐ経ってしまい、

「また今日も大したことができなかった」

というストレスをよく感じる。

しかし、なぜそうなるかは明白であって、
やってることが多すぎるから。

いま自分が何をやっているかというと、

1.税理士の仕事
2.たまにセミナー講師、講座開催など
3.本の執筆、企画立案と提案
4.小説その他の本を読む(今は小説を多く読む時期)
5.競馬
6.馬主活動(セリ市等に行く、現地でレースの応援)
7.自分の野球
8.息子の部活サポート、観戦等
9.少年野球の練習・試合手伝い
10.テニス

その他、細々とした作業とか仕事、息抜きなどを
やっている。

これでは時間がなくなるはずで、特に土日は何を優先
すべきかで結構迷ってしまっている状態。

また、小説を書きたいと思っていて、読んだり
書いたり(今は少し休んでいる)しているが、まだ
稚拙な状態であり、修行が必要。

本も毎年2冊くらいは書きたいと思っている。

野球もテニスもまだまだうまくなりたくて、
やっているが中途半端なところもある。

息子たちの部活の応援もしっかりしたい。

馬もなかなかやめることが出来ない。

と言った感じで、これでは時間がなくなるのは当たり前、
自分の中に芯もなくて中身がグジュグジュした状態
のまま動いている。

減らしたのは、夜飲みに行ったりすることで、
自分で企画したり誘ったりすることがなくなって
しまったし、誘われても(あまり誘われないが…)
あまり行かなくなってしまった。

ここは一発、本当に自分の行動について考えなければ
ならないと気づいている。しかしなかなかできない。

人生で、何を優先すべきなのか。

また、今の状態のままこの場所で経済活動や行動を
続けていくべきなのか、それを決めることが課題だ。

そのあたりのこと、このブログに曝しながら
考えていきたい。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

・著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

・馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

・仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

・悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順”>悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
http://goo.gl/qGLW8K

・「お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法」
 http://goo.gl/RLZ85o

これまでと大きく変わる、新しい時代の生き方を探る