生き方のスピードをどう制御するか。

時代は急速に速くなってきている

なんと言ったらいいのか、難しいですが、

時代がどんどん速くなっている気がします。

「いつまでに、これをしなければいけない」

「何歳までにこれをやらないと、遅い」

「激しい競争に勝たねばならない」

「早くやったもん勝ちの世界。急いでやらねば」

このような感覚の占める割合がどんどん増えて
きて、

「急がねば!」「早く成果を出さなきゃ!」
という感覚になりがちです。

人生は長くなっている

ただ一方で、人生が長くなっています。

寿命は間違いなく年々刻々と、若ければ若い
ほど延びていっているわけです。

ならば、僕は「ゆっくり着実に固めていく」
ほうを取りたいと思っています。

「長く続けられること」をやっていく

自分の人生がわりと長いと信じ(まあダメなら
ダメであきらめる)、長く続けられることを
ゆっくりと進めていくようにしています。

たとえば読書であるとか文章を書くこと。

これは、ずっとやっていける自信があります。

だから、焦らず基礎を固めているところ。

これからは、もちろん「速攻で成果を出す」
ことが価値を持つことは持つでしょう。

ただ、「長く続けられること」も間違いなく
価値が増えていきます。

それを信じて、長く続けられることの基礎を、
ゆっくりと固めていこうと思います。

子どもたちはどうなるか

子どもたちに野球を教えています。

大会などもたくさんあったり、中学以降も
野球の世界では競争が激しく、速く強く
したり、速く子どもたちの技術や体力を
向上させることが求められます。

しかし、それだからこそ、意識してゆっくり
基礎を固めていかなければならい、焦らない、
じっくり一つ一つやっていかなければならない、
と考えています。

子どもたちだから、全然できないことが多い。

それを焦ることなく、一つ一つできるように
していく。

人生(僕も、子どもたちも)はそれでいいん
ではないかと、感じます。

急ぐこと→人生短縮説

成果を出そうと急ぐことは、人生を縮める
ことに繋がっているような気がします。

速く食べると太るし、体に負担を掛けること
になるし、いつも焦ってばかりだと、ストレスが
体を蝕んでいく。

だから、自分のペースでゆっくり、速い人は
意識して遅くするくらいでいいのです。

僕も焦りがち、せっかちな人間なので、
意識してゆっくり生きていこうといつも
意識するようにしています。

意識してゆっくり、着実に一つ一つ

ゆっくりと、一つ一つ着実に積み重ねていって、
それが一つの形になれば素晴らしいし、形に
ならずとも、生きて活動していくこと自体に
価値があると思います。

ゆっくりできる方はそのままでいいし、せっかち
な人は、意識してゆっくり生きていきましょう。

ではでは。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

「やめること」の難しさ。はじめるときは慎重に。

やめるのは相当難しい。
だからはじめるときは慎重に、よく考えて。

「やめること」は超難しい

今年に入り、「捨てること」「やめること」に
取り組んでいっています。

ノートにやめることやコストダウンになることを
列挙して、それを毎日眺め、なるべく1日1つは
やるようにしております。

しかししかし、「やめること」というのは
中々難しいもんです。

人との関係、情などがからむ場合もあり、
ドライにやめることは難しいです。

継続課金のサービスなどは、解約自体に結構な
ハードルを設けている所も多いです。

企業努力としては当たり前かもしれませんが、
もう少しハードルを低くしてほしいものです。

たとえば、でっかいコピー機をリースしていて、
再リースとなっていたのですが、それをやめる
ために電話をして、引き取り業者と日程調整を
して、さらにコピーサービス代を払っている
会社に電話をして、営業の人からかかってくる
はずが全然かかって来ず、また電話して…

という感じで、電話自体掛けるのが憂鬱ブルー
なのに、何度も電話しなければならず、閉口
しました。

定期的に通っているスポーツ関係のクラブ
や、定期的に教材が送られてくる講座とかも、
やめるのを言い出すのは難しく、1か月前には
言わなくてはならず、じゃあやめるって言って
からの期間はどうするの?とか考えていると、
全然やめられず…

こういう経験をした人は多いのではないでしょうか。

それでうやむやになって、解約時期が遅れ、
無駄な会費を払ってしまう。
そんなことも多いかと思います。

はじめるのは簡単だが、気づいたらお金や
時間が奪われている

車なんかも一回使い出したら辞めるのは難しい
し、携帯を安くしようと思っても、仕組み自体が
死ぬほど複雑なので、もう面倒くさくて、
そのまま高い料金を払い続ける。

はじめるのはわりと簡単なのですが、やめるのは
難しいのです。

お金が掛からないものだって、貴重な時間が
毎日毎月奪われているかもしれません。

固定費極小の身軽な経営や身軽な生活、
時間に余裕のある生き方をするのであれば、
何かをはじめることに慎重にならなくてはなりません。

毎月5,000円の何かを気軽に契約しても、
年間6万円、10年で60万円の買い物なのです。

生命保険とかもそうです。毎月3万円とか
払っている人も多いかと思いますが、年間
36万円、30年加入するとしたら1,000万円を
超えます。

気軽に入って、やめられなくて継続する…

そういうことのないようにしたいものです。

慎重に考えよう

特に、毎月支払いが発生するようなもの、
一定の時間が奪われてしまうものは、始める
ときに慎重になりましょう。慎重すぎても
いいくらいです。

こんな簡単なことが、やっと今になって
わかるようになってきました…

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

自分でコントロールでき、 かつ未来に繋がる時間を増やす

時間の使い方研究:

自分でコントロールでき、
かつ未来に繋がる時間を増やす

お金のこととか時間の使い方、仕事のこと、
将来どうなるのかなど、いつも考えながら
生きています。

今日は時間の使い方について、ボーっと
考えてみました。

やはり今後は、
自分でコントロールすることができ、
さらに、未来に繋がる時間

をたくさんとることが必要なのでは
ないでしょうか。

自分がコントロールできる時間というのは、
たとえば自分の好きなことをやっている時間
であるとか、自分の意志で使える時間です。

人に指示されて動くのではなく、自分がやろう
と思うからやることとか、心から楽しめる
時間とか、そういった時間です。

そういう時間をたくさん取ることが出来れば、
ストレスも減らすことが出来ますし、とにかく
好きな時間なのだから、成果なども出やすいし、
何より楽しい時間ということになります。

いやいや生きているより、楽しく生きた方が
絶対にいいですよね。

人生が伸びていく中で大事なのは「健康」
であるわけですから、コントロールできないこと
で人生を埋め尽くして、ストレスを抱える
必要はないわけです。

そういう時間を増やしていかないと、これから
きつくなってくるのではないかと思います。

もう、人に指示されていやいや動く行為自体
が減っていくでしょうし、淘汰されていく
でしょう。

人に指示されて動くだけの人は、ロボットに
取って代わられるかもしれません。

自分の意志で動かないと、これから変化の激しい
世の中に対応できなくなります。

「自分でコントロールし、好きなことをやる」
といっても…

ただ、自分がコントロールできる時間と
いっても、ただダラダラと、何にも未来に
繋がらないことをやる必要はありません。

ただネットを眺めているだけであるとか、
快楽だけに溺れるとか、毎日時間を掛けて
お酒を飲むだけのために出かけるとか‥

もちろんそれが未来にガッツリつながる
というのであれば否定はしませんが、自分
なりに、未来に繋がっているという感覚
を持ちながら行動していくほうがいいに
違いありません。

意識してやっていけば、未来は明るい

自分でコントロールでき、かつ未来に繋がる
時間をたくさんとれれば、将来は明るい
でしょう。

それが取れないとき、様々な技術の進歩とか
や時代の波に呑まれていくことは
避けられません。

それでいいのならいいですが…

せっかく生きているのであれば、自分で
コントロールできる時間、未来に繋がる
時間を増やしていきましょう。

意識しないと増えないので、意識して
やっていきましょう。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

マジックワードは「わりとどうでもいい」

わりとどうでもいい

「わりとどうでもいい」

という言葉を、頭の中でよく使います。

自分ではいい言葉だと思っています。

完全にどうでもいいと突き放す、無視する
のではなく、まあ別にどっちでもいいかな、
といった感じです。

僕も含め、特に日本人はとても真面目で、
それは素晴らしい事なのですが、

たまに、真面目が過ぎて、どうでもいいこと
に対して執着しすぎる面があるように感じます。

自分でも細かいことにこだわりすぎているな、
ということがあり、そんな時には

「わりとどうでもいい」

という言葉を使うようにしています。

「わりにどうでもいいこと」
とすると、やや村上春樹さん風になります。

あまりこだわらない

これからの世の中、これまでやってきたこと
とか考えてきたこと、細かいことなどに、
あまり囚われ過ぎない方がいいのでは
ないでしょうか。

どんどん変わっていくわけですから、
従来のことに拘泥しないことが、変化を
味方につけるコツかと思います。

過去失敗したことなどにも、僕たちは拘って
思い悩んでしまうようなこともあります。

そういうことも、「わりとどうでもいい」
と考えるのです。

未来しか変えられないのだから、これから
精いっぱいやっていけばいいわけで、
「ああ、失敗しちゃったな」などと
恥ずかしがる必要はありません。

「あのことは、わりとどうでもいい」と
考えればOKです。あなたの失敗については、
みんなあまり考えていないものです。

お金、仕事のことなどは、みんな真剣に
考えてしまいがちでありますが、

「わりとどうでもいい」

と考えた方がラクに生きていけます。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

新時代研究⑦ 労働の価値が下がる時代にはどうすればいいか

労働の価値が下がっていく

これからじわじわ変わっていく「新しい時代」
においては、労働の価値は相対的に
下がっていくでしょう。

何度も言われているように、AI(人工知能)
やロボット、コンピュータ、機械の発達
によって、仕事の多くはなくなるはずです。

「衣食住」→「余暇」

特に、効率的であることが求められる
「衣食住」に関わる仕事は減っていくはずです。

そうすると残りそうなのは、人にしかできない
ことであり、例えば「何かを人に体験させること」
とか「笑わせること」とか、「感動させること」
などになるのかもしれません。

今現在は「余暇」と思われていることが、
人がやる仕事の中心になって来るのだと
僕はみています。

そういった仕事をこれからやっていくのもいい
でしょうし、純粋に自分が楽しめること、
自分が好きなことをやっていくことが本当に
大事になってくるのでしょう。

一つのことに燃えること

これまでもそうですが、僕のようにいろんな
ことに手を出してフラフラするよりも、
一つのことに燃える方が、かっこいいし
これからも必要になってくるのではないでしょうか。

僕の知っている範囲では、多くの
「一つのことに燃えている」人がいます。

たとえば創作に命を燃やす小説家・作家の人たち、
本を作ることに情熱を燃やしている編集者、
馬を育てている牧場や調教師などの馬関係者
などは、なんか一つのことに燃えて、素晴らしい
と思います(もちろん他にもたくさん)。

もちろん「自分が燃えている対象」となる
仕事が、今後なくなる方向に向かう場合もある
でしょう。

でもその、一つのことに燃える気概があれば、
また新たな「残る仕事」を見つけられるし、
そこでやっていけるはず。

少しずつ周り(世界の動きなど)を観察しながら
も、一つのことに燃えていくのが、
いい生き方だと僕はいま、感じています。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

新時代研究⑥ 新しい時代に何が大事になるか。

新時代研究⑥ 新しい時代に何が大事になるか。

お金や労働の価値が下がる

今後、AIやロボット、機械が発達するなどすれば、
人件費が減り、モノが安く作れるようになるはずです。

そうなると、そのモノを買うためのお金の価値が
相対的に下がるでしょう。

お金の価値が下がると、どうなるでしょう。

たとえばこれまでのモデルケースとして、

「マイホームを、ローンを組んで買い、
そのために頑張って仕事をする」

という構図がありました。

うちも実はその構図の真ん中にあり、家をローンで
買って、返済中です。子どもの学費を払っている
ところなど、その標準的モデルに当てはまって
しまってると言えるでしょう。

ただこれからは、モノの価格が下がります。

たとえば家なんかも、先日書いたように、安く
買えるようになるでしょう。

これまでの家は、ハウスメーカーの人件費や利益
に取られ過ぎであり、本来もっと安くてもいい
はずです。

家以外のモノがもっと安くなると、生活費全体
も下がっていきます。

そうなると、お金をガツガツ稼ぐ必要性も減り、
人件費もそれに合わせて下がるので、さらに
モノの値段が下がっていくでしょう。

つまり、労働やお金の価値が下がり、フラットな
世の中になるかもしれません。

また、「モノを買うために頑張って労働をして、
お金を稼ぐ」ことの価値が減り、自分が楽しいと
感じることとか、人間として成長できること
に価値が移動するのかもしれません。

そうなることを見越して、今から動く

そのために、今から何ができるかを考えるべき
ではないでしょうか。

たとえば、あらかじめ労働時間を減らし、お金と
関係ないところに時間を使うとか。

好きなこと・得意なことになるべく時間をかける
とか。

貯蓄しすぎているなら、それを取り崩して、
ある種の”体験”をしてみるとか(旅行なども
その一つ)。

もちろん、ある日突然急に変わることはないかも
知れませんが、今から備えていくことで、
「ゆでガエル状態」(いいお湯だなと思っていたら
ゆっくり熱くなって、のぼせて煮えてしまう)
にはならないよう、考えていきたいものです。

 

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

お金にならないことを大切にする。

お金にならないことを大切に

お金にならないことを大切にし、やっていきましょう。

経営などをしてると、どうしても

「お金にならないことに時間を使いたくない」

と思ってしまいます。

しかし、お金にならないことこそ重要です。

たとえば、勉強。

本を読もうが、なにかの勉強をしようが、何の
お金も生みません。

その時間はもったいないと考えるのが普通。

しかし、学ばなければ大したものが生まれません。
学ばなければ、生き方や行動の選択を間違えて
しまうかもしれません。

またたとえば、家族を大事にすること。

またたとえば、地域との繋がり。必要ないかも
しれませんが、あればあるで人生の勉強にも
繋がります。

たとえば、健康を維持すること。

体を鍛えたり食事に気を遣っても直接お金につながる
ことはありませんが、生きるためには大切なことです。

効率的に生きること、効率的に生きないこと

お金に繋がることを中心にやろうと思ったら、
どうしても効率的にならざるを得なくなります。

効率的であることを極めていけば、大勢と同じに
なってしまいます。

社会の大きな流れに呑まれ、流されてしまうことに
なります。

効率的でないことをあえてやっていくべきです。

それが後々、お金に繋がらないにしても、大きな
ものを生むでしょう。

お金にもならない一つのことにのめり込む、という
状態は、なかなか素晴らしい状態。

「こんなことしてていいのか」と悩んでいる人は、
そのままのめり込みながら続けていきましょう。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

人生計画が変わり、僕たちが考えるべきこと

新時代研究⑤

人生計画を考える

時代が大きく変わり、これまでのような人生の
計画を立てられなくなりました。

これまでは、
0歳~6歳:保育園や幼稚園
7歳~12歳:小学校
13歳~15歳:中学校
16歳~18歳:高校
19歳~22歳:大学(または労働者)
23歳~60歳:労働者(または資本家など)
61歳~65歳:継続労働者など
66歳~80歳:リタイア、年金生活
80歳~  :余生

といった人生設計を、多くの人がしていました。

しかし、上記の「余生」が10年とか20年延び、
上記「労働者」の人数が減ってくると、
年金制度が崩壊していきます。

そうなることで、リタイア時期を延ばさざるを
得ない形になってきます。

「労働者(または投資家)」の期間が長くなる

また、もしかしたら、「労働者」が始まる
時期が早くなるかもしれません。

教育はもっと効率が良くなってこないと
いけないのに、旧態依然として変わりません。

だから教育の期間(22歳まで)が変わらない
のですが、もっと教育の生産性が高まれば
18歳までに、現在の大学で教えている範囲まで
終了して、19歳くらいから労働者または資本家
になることもあり得ます。

いずれにしても、労働者(または資本家)で
ある期間は延びざるをえないということになる
でしょう。

「持たざる人」は、どうすればいいか

昨日のブログで、「働かなくていい」と書き
ました。無理して働くという意味ではなく、
「仕事をして食い扶持を稼ぐ」という意味で、
もっと仕事をする期間が長くなってくるでしょう。

(仕事をしたくない人は、ベーシックインカム
レベルのローコスト生活を選んでもよし)

これまでの歴史により、例えば僕たちの様な
土地などの財産を先祖から受け継がない人たちと、
土地などの財産を先祖から受け継ぐ人たちの
差はこれからも広がっていくでしょう。

(だから財産税が必要なのですが、その議論は
また別の時に)

貧富の差は自然に広がるということです。

そうすると、僕たちの様な「持たざる人」は
仕事をして食い扶持を確保していくしか
ありません。

(または財産を形成して、そこからの利益を
自動的に産む)

大事なことは何か

人生の長期化とAI、機械の発達などにより、
「教育期間→短期化、労働期間→長期化」
になるでしょうから、僕たち持たざる人が
大事なことは、

・しっかりと、集中して勉強をし、

・運動などをして体力を保持し、

・歳を取ってもできる仕事を選ぶ(作る)

ことなのだと思います。

また、お金だけでなく、信用とか友達などの
無形資産も大事にしていく必要があるでしょう。

これらを今から意識してやっていくべきです。

上記は、毎日の積み重ねが効いてくること
ばかりです。

一日一日、一秒一秒、一挙手一投足、
一考一判断を大事にしていきましょう。

 

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

新時代研究④ これからは、無理に働かなくてもいい。

新時代研究④ これからは、無理に働かなくてもいい。

無理に働く必要がなくなる!?

これからは、極端な言い方でいうと、
無理に働く必要がなくなるのではないでしょうか。

もちろん、国民の三大義務のうちの一つ、勤労の
義務は承知のうえでです。

わりと長い間(歴史から見るとホンの最近ですが)
日本人は、

「働く→報酬を得る→その報酬で生活する」

ということを繰り返し続けてきました。

しかしこれから、AIやロボットの発達によって
これまで必要とされてきた仕事が消滅したりします。

また、人生が長くなるにしたがい、労働の意味も
多様化してくるでしょう。

「お金」の価値も変わってくるでしょう。

これからは上記に挙げた労働の意義が薄れたり
変わったりして、必ずしも働かなくてよくなる
かもしれません。

未来を考え、ゼロベースで新しい価値観を

「何を寝ぼけたことを言っている。
人間は働かなくてはダメになる」

とお思いの人もいらっしゃるでしょう。

しかし、未来のことを考えていけば、これまでの
価値観を覆す必要もあるのではないでしょうか。

たとえば「ベーシックインカム」が導入された
とします。

「働かないのにお金を得られるのはおかしい」
という意見も多いですが、働かない人は最低の
ベーシックインカムで我慢してもいいし、
それで満足できない場合は働き、より多くの報酬を
得ればいいのではないでしょうか。

また、労働をしなくても報酬が得られる仕組みを
作れば、それはそれでいいわけです。

これまでの固定概念を一度クリアにして、ゼロ
ベースで考えてみればいかがでしょうか。

労働や勤労の意味をじっくり考えてみましょう。

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

ローコストで生きていける。不安を捨てよう。

新時代研究③
これからは二極化、ローコストで生きられるようにもなる

貧富の差が拡大し、二極化がすすむ

これから日本は貧富の差がどんどん激しくなり、
持つ人はたくさん持ち、持たない人はほぼ持たない
方向に行くでしょう。

本当は、資産税・財産税を掛けて、有り余るお金
を持つ人に課税し、貧富の差をなるべく解消すべき
だと思っていますし、そうなるように言っていこう
と思っていますが、全てを解決するのはなかなか
難しいでしょう。

多くの人が上を目指し、「もっと良く、もっと多く」
という考えを持っていましたが、潮流が変わって
きました。

ミニマリストという言葉に代表されるように、
もたないことがいい事、という流れにもなって来て
いるのは当然でしょう。

そういう流れにならないと、苦しい人があまりにも
増えすぎるからです。

よりローコストで生きていけるようになる

これからは、よりローコストで生きていけるように
なるはずです。

持つ人は今まで通り「もっと」で生きていけば
いいですし、持たない人、持たないようにした人は
ローコストで生きていけばいいわけです。

ひとりで極小リスクで起業して経営していくなんて
ことも、これからもっとやりやすくなります。

多くの人がそうなればいいなと思っています。

住居が安くなる

ローコストでの生き方ですが、それを支える
住居が、かなり安くなってくると見ています。

過疎地のタダ同然の土地を買い、そこに
超ローコストの住まいを作ることも割と容易に
できるようになるはずです。

(例えばこういうの)
http://inspiration.yadokari.net/

家を作る供給側も、これまでの理論でより高い家を
よりたくさん作り売るのではなく、小さく経営し、
安い家を作るという方向に向かう人が増えるはず。

これまで不動産業界は、情報の格差を利用して
高く売ることが出来てきましたが、情報がより
発達すると、アービトラージ(裁定取引)が
できにくくなり、一般消費者同士の売買も増え、
利益が少なくなってくるでしょう。

そこで出てくるのが個人的経営の会社で、そんな
会社たちが安い住宅を適正な価格で提供してくれる
ようになるでしょう。

お金がかからない生き方を選べる

住居費が安くなり、大して移動もしなくてよくなり、
ある程度の自給ができれば、お金が全然かからない
生き方をすることも可能になってくるはずです。

これまで通り、「もっと」を目指し、夢を追いかけ
ることももちろんあり。それをする人を否定する
ことはありません。

ただ一方で、上を目指し、「もっと」をモットーに
しない人が、生きやすい世の中になればいいと
思います。

そして、それは実現するでしょう。

あまり不安を抱えなくてもいいのでは

「これから苦しくなってくる。経済が縮小し、
僕たちは稼げなくなる。これからどうしよう」

と、あまり不安に思う必要はありません。

お金を稼げなくても、生きていけるでしょう。

いくつかの道があり、自分たちは選択できる
のです。

将来を不安に思い過ぎず、おぼろげに自分はどう
生きていこうかをイメージしながら、好きなこと
に力を入れて生きていきましょう。

 

★★

kindle本(電子書籍)発売中!

■じぶん経営計画

→ http://amzn.to/2gGJRxj

人生の悩みを解消するための本です。

■著者から見た、出版のすべて
 http://amzn.to/2edKFMh

■馬主の教科書(入門編)
 http://amzn.to/2edKNvl

■仕事ができなくても、お金がなくても、人嫌いでも、楽しく不安なく生きていく方法
 http://goo.gl/iyF84A

■悩みを一つずつ解決し、シンプルに生きるための手順
 http://goo.gl/qGLW8K

■お金でもう悩まないための考え方・計画法・管理法
 http://goo.gl/RLZ85o

これまでと大きく変わる、新しい時代の生き方を探る